トップページ 緑丘蔵 碧雲蔵 ニュース ショップ&レストラン 会社概要 採用情報 お問い合わせ オンラインショップ
緑丘蔵 Facebook 碧雲蔵 Facebook 上川大雪酒造 Twitter 上川大雪酒造 Instagram
地域をチカラに。
地方創生の挑戦。

「食の王国」北海道 北海道の大きさは東京 大阪間を超え、
千葉県から徳島県に届くほど。
日本の五分の一の面積に十以上の空港があり、
食文化も様々です。
北海道の屋根・大雪山連邦の麓のまち「上川町」
NHK朝ドラ『なつぞら』の舞台・食の宝庫「十勝」
五稜郭がある文化・歴史の発祥地「函館」
三つの酒蔵は京都・静岡・長野と同じ距離に匹敵し
「緑丘蔵」「碧雲蔵」「五稜乃蔵」と名付けました。
全量 北海道産の酒造好適米100%ですが
広大な北海道の空気と水の違いを感じる地酒、
「食の王国」だけに許された酒造りに挑んでいます。
上川大雪酒造株式会社
初代蔵元 塚原 敏夫

全国的に日本酒の酒造会社、酒蔵は年々減り続けています。
2016年、私たちは日本酒の製造を休止していた三重県の酒造会社を、
冬はマイナス20℃にもなる大雪山系の麓、豊富な天然水と広大な農地、
そして年間約200万人が訪れる「層雲峡温泉」を有する北海道上川郡上川町に移転し、
上川大雪酒造株式会社を設立しました。
そして2020年に十勝、2021年に函館と、酒蔵の無かった土地に酒蔵をつくり、
地元に愛される地酒と共に、地域の活性化に寄与できるよう邁進しております。
これからも、その土地のこだわった素材で、世界に通用する日本酒(地酒)を醸し、
『6次産業化地方創生ビジネス』のイノベーションを目指していきます。

日本酒を活用した
地方創生ビジネスの
イノベーションを目指して。

日本酒は現在、特定の地域で作られた優良なブランドの酒造好適米を、
遠隔地から購入して製造するのが主流です。
私たちは、北海道産の酒造好適米と地元で採取される良質な天然水を原料に、
地元産にこだわった日本酒を造ることで、北海道の地域ブランドを全国へ、
メイドインジャパンを世界へ発信していきます。

北海道産にこだわった酒造り。

我々は大きな仕込タンクは使いません。
手造りの伝統的な手法で一本一本のもろみを丁寧に仕込む、
小仕込み・高品質の酒造りを行います。
極端なものではなく、普通に美味しいお酒。より多くの人が喜んでくれる酒造りを目指します。
※「飲まさる」とは北海道弁で「ついつい飲んでしまう」の意。

コンセプトは「普通に造る」こと。
目指すのは「飲まさる酒」。

日本酒造りの原料は、水と米。
仕込み水は、万年雪を冠する大雪山系の湧水を源流とする、酒造りには理想的な約7℃の天然水。
酒米は信頼で結ばれた顔のわかる生産者のつくる、
北海道産の酒造好適米「彗星」、「吟風」、「きたしずく」の3種を使用。
我々を信頼してくれている生産者と、上川町の美味しい天然水に敬意をはらい、
その土地で愛され根付いていく地酒を造っていきます。

原料以上のものは造れない。
ここには最高の原料がある。

| 総杜氏・川 端 慎 治 | 
1969年 北海道小樽市生まれ。金沢大学工学部に進学後、あまりの美味しさに衝撃を受けた日本酒に出会い、酒造りを志す。 石川県の酒蔵を皮切りに、福岡県、岩手県、山形県、群馬県の酒蔵で酒造りを経験した後、故郷の北海道の酒蔵(金滴酒造)で2011年、北海道産酒造好適米「吟風」100%で醸した酒で全国新酒鑑評会にて金賞を受賞。 2016年から上川大雪酒造『緑丘蔵』に杜氏として参画。 2020年、上川大雪酒造・総杜氏と共に国立帯広畜産大学の客員教授に就任。
2021年、国立函館工業高等専門学校の客員教授に就任。

NEWS詳しく見る

会社概要はこちら 採用情報はこちら