上川大雪酒造

Kamikawa Taisetsu
Sake Brewery

facebook

日本屈指の米どころとなった北海道で、豊かな天然水をつかって、北海道に新しい日本酒の酒蔵をつくることが出来ないだろうか。北海道の農業のブランド化や地元の役に立つのではないか。三重県で蔵元を営む友人とそんな夢を語りました。私の生家は祖母の代から札幌のすすきので各地の日本酒を扱う飲食店でしたし、私の友人は元税務署職員だったご尊父が蔵元となった酒蔵のご子息でした。夢の実現に向けて奔走してまいりましたが、北海道上川町、酒米生産者や地元関係各所の皆様、その他たくさんの皆様の多大なご協力を頂戴することができ、2016年11月、北海道上川町の新しい酒蔵建築計画に着手することが出来ました。北海道酒造組合をはじめ関係者の皆様のご指導、ご支援を頂戴できましたことに、心より感謝を申し上げると同時に、2017年の酒蔵竣工、そして日本酒製造に関する許可に向けて、一層精進してまいる所存です。 上川大雪酒造株式会社 代表取締役 塚原 敏夫

日本酒を活用した地方創生ビジネスのイノベーションを目指して。

全国的に日本酒の酒造会社、酒蔵は年々減り続けています。北海道も同様です。私たちは日本酒の製造を休止していた三重県の酒造会社を、自然豊かな大雪山系の麓、良質な天然水と広大な農地、そして年間約二〇〇万人が訪れる「層雲峡温泉」を有する北海道上川郡上川町に移転し、上川大雪酒造株式会社を設立しました。酒蔵の無かった土地に酒蔵をつくり、その土地にこだわった素材で世界に通用する日本酒(地酒)を醸し、『六次産業化地方創生ビジネス』のイノベーションを目指し、二〇一七年秋の醸造開始に向けて始動します。

北海道産にこだわった酒造り。

日本酒は現在、特定の地域で作られた優良なブランドの酒造好適米を遠地から購入して製造するのが主流です。私たちは、上川地区を含む北海道産の酒造好適米と大雪山系の麓で採取される良質な天然水を原料に、地元産にこだわった日本酒を造ることで、北海道の地域ブランド化をすすめ、全国~世界へ発信していきます。

酒造りに対する想い。

全国の様々な蔵で培った技術と、自然に恵まれた環境を活かして、手造りの伝統的な手法で一本一本の醪を丁寧に仕込む、小仕込み・高品質の酒造りを行います。生産者と共に北海道産酒造好適米の品質を上げ、北海道の豊かな食材・料理と共に味わえる、地域に根ざした新しい酒造りを目指します。

杜氏プロフィール

川端慎治 Shinji Kawabata 一九六九年北海道小樽市生まれ。金沢大学工学部中退、大学生の時に出会った美味しい日本酒に衝撃を受けて酒造りを志す。石川県の酒蔵を皮切りに、福岡県、岩手県、山形県、群馬県の酒蔵で造りを経験する。二〇一〇~二〇一四年、故郷の北海道に戻り金滴酒造に在籍。二〇一一年に北海道産米一〇〇%で醸した酒で全国新酒鑑評会にて金賞を受賞。

NEWS

会社概要

社名 上川大雪酒造株式会社
代表者 代表取締役社長 塚原 敏夫
本店所在地 北海道上川郡上川町旭町25番地1
設立年月日 1955年12月1日
本店移転登記日 2016年8月26日
事業概要 酒類の製造ならびにこれに付随する一切の業務
資本金 180百万円(資本準備金を含めた出資額の合計)
大株主 塚原敏夫、日立トリプルウィン、極東産業ほか

酒造所概要

名称 緑丘蔵(りょっきゅうぐら)Green Hill Sake Brewery
所在地 北海道上川郡上川町旭町25番地1
稼働開始予定 2017年9月

役員紹介

代表取締役 塚原敏夫 Toshio Tsukahara
1967年北海道札幌市生まれ 小樽商科大学卒 野村證券(株)、外資系金融機関、
消費財メーカー(JASDAQ)販売会社常務取締役を経て (株)三國プランニング代表取締役(現職)
取締役 島崎憲明
取締役 橋本賢二
取締役 中村泰三
取締役 中村俊介
監査役 田中稔

協力

FRATELLO DI MIKUNI

TOP